相談料無料

分割払い対応可

秘密厳守

土曜・夜間相談可

離婚相談

松山市千舟町5-5-3 EME松山千舟町ビル5階松山市駅3分

お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

電話受付 月~金:9~22時/土日祝:9~20時

Blog

弁護士ブログ

ペルソナ・ノン・グラータ part2

 前回途中でしたので、外交官ネタを続けます。

 今回は日本政府が大使や領事を一時帰国させましたが,これとは逆に,受け入れ国(接受国といいます)が大使を国から追い出すことも,ウィーン条約上認められています。大使は外交特権で刑事裁判権の免除(つまり,受け入れ国は外交官が犯罪を犯しても逮捕できないのです!)や通信の秘密などが保障されているため,犯罪を犯したり国家の関係が悪化してスパイの疑いが発生すると追放されることがあるのです。

 この追放のことを,「ペルソナ・ノン・グラータ」と呼びます。これは「好ましくない人物」という意味のラテン語です。
 響きが記憶に残りやすいため,大学卒業後も,意味は忘れたけれど言葉だけ覚えている,という法学部生が多い単語です。

予約・問い合わせフォーム