相談料無料

分割払い対応可

秘密厳守

土曜・夜間相談可

離婚相談

松山市千舟町5-5-3 EME松山千舟町ビル5階松山市駅3分

お問い合わせ・ご相談

050-5556-5966

電話受付 月~金:9~22時/土日祝:9~20時

Blog

弁護士ブログ

サイバー犯罪、インターネット犯罪 ~ 愛媛県警の講義 その2

本年限りでの引退を表明している安室奈美恵さんのシングルに,Don't wanna cryという曲があります。第38回レコード大賞受賞曲でもあります。

世代的に,この曲を思い出してしまうのが,サイバー犯罪で有名になった“WannaCry”というウイルスです。
という導入から,前回の続きです。

近年のサイバー犯罪を代表する犯罪として紹介されたもので,観戦した人への脅迫として,ビットコインでの支払を求めているのですから,まさに現代の犯罪です。
近時のインターネット犯罪は,直ちにウイルスを発動させるのではなく,ウイルスをパソコン内に密行させ,気付かぬうちに情報を抜き取り,いざというときにアタックするようです。警察の方の話では,感染したパソコンの約半数はウイルスソフトを導入していたとのことで,ウイルス対策ソフトを導入していれば安全というわけではないとのことです。我々弁護士も,皆様の貴重な情報をパソコン内にて扱っておりますので,気をつけねばならないと改めて気を入れ直す次第です。もちろん,残り半分の方はウイルス対策ソフトを導入されていなかったのであり,この点はインターネット利用者も注意しなければならないところです。

続いて,愛媛県の現状についてお話がありました。
愛媛県内のサイバー犯罪としては,だいそれたものよりも,リベンジポルノやストーカー,わいせつ画像・動画等の犯罪が多いようです。
私も,わいせつ画像等をインターネットにアップロードしてしまい,警察から連絡が来た,という方からのご相談を受けたことがあります。
警察から連絡が来た場合には,まずは弁護士にご相談いただき,きちんと手順を踏んで対処していっていただければと思います。

さらに,これも最近流行のIoTに関するお話がなされました。
今回ご紹介いただいたのは,ケルベロスという監視アプリで,一時配偶者の浮気調査に使えるのでは,ということで話題になりもしました。
しかし,そのような生やさしいものではなく,実際には遠隔操作で音を聞いたりや写真を撮ったりできる,激しくプライバシーを侵害するアプリとして注意喚起がなされました。

愛媛県では,主として県警本部が主体となってサイバー犯罪に取り組まれているようです。
新しい道具を使った犯罪は法律も追いつかないことが多く,弁護士としては,被害に遭われた方の被害回復に努めつつも,同時に罪刑法定主義や適正手続の観点から,行き過ぎた捜査や処罰がなされないよう,この分野の勉強を勧めていきたいと考えております。

今回の写真は,安室さん同様に2018年で引退する目野哲也調教師の管理馬であるケイティブレイブです。この写真は1番人気で3着に敗れた東京大賞典のものです。続く川崎記念では見事な勝利を挙げました。

予約・問い合わせフォーム